ハンドステッチミシンを使った衿やポケット周り等の
手縫い風の縫い目のこと。
手縫い風のステッチを再現するミシンを開発したのは、
アメリカのメーカー、アメリカン・マシン・アンド・
ファンドリー社(American Machine and Foundry)。
通称AMF、それがミシンのブランド名にもなった。
実際に手縫いでステッチを入れるには、職人の技術と
時間が必要とされていたが、ミシンの開発によって
比較的簡単に綺麗なステッチを仕上げることが可能になった。
しかし、ミシンを駆使しても美しいステッチを仕立てるには、
機械を操る技術が必要になる。
時間と手間がかかる工程だが、その分ジャケットに立体感や
高級感を演出してくれる重要なディティールのひとつである。
コットンスーツや、リネンスーツピックステッチ
との相性はとても良いものです。

Source: ファッション用語|オーダースーツ Pitty Savile Row

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事