スポンサーリンク

2020年春、東京ディズニーランドの「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つのエリアにまたがる新施設が登場します。

総開発面積約4万7000平方メートルの敷地内には、世界初を含む大型アトラクションや全天候型エンターテイメントシアター、レストラン、商品店舗などが登場するそうで、総投資額はなんと約750億円!

このなかでもっとも気になるのは、おそらく “アトラクションの内容” ですよね。建設が進むにつれて徐々にその全貌が明らかになってきたので、さっそくご紹介しちゃいますね。

【その1:『美女と野獣』エリア】

「ファンタジーランド」に登場するのは、世界初となるディズニー映画『美女と野獣』がテーマのエリア。

目玉は高さ約30mの「美女と野獣の城」の中にある大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」で、映画の名曲に合わせて踊るように動く乗り物に乗って、いくつもの名シーンをめぐることができるそうなんです。

また、城を出たところに広がる「ベルの住む村」には、商品店舗「ビレッジショップス」や、レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープンするらしく、このエリアだけで丸一日楽しめそう!

「ファンタジーランド」にはそのほか、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」もオープン。

ディズニーのキャラクターたちと一緒に音楽の世界をめぐる旅ができる、オリジナルのプログラムとなっているそうなので、こちらもお見逃しのないように☆

【その2:『ベイマックス』のアトラクション】

「トゥモローランド」に登場するのは、ディズニー映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」です。

このアトラクションは、なんと “ケア・ロボット(ベイマックス)” が引っ張ってくれるシステムとなっているのだそう。

予測不能な動きでゲストを驚かせてくれるらしいので、スリルを求めている人は、こちらに真っ先に乗車してみるべきでしょう。

エリア内にはそのほか、宇宙をテーマにしたポップコーンの専門ショップ「ビッグポップ」がお目見え。

さまざまなフレーバーのポップコーンとポップコーンバケットを組み合せて購入できるそうなので、ハラハラドキドキしてお腹がすいたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

【その3:ミニーちゃんと会えるグリーティング施設】

「トゥーンタウン」に登場するのは、東京ディズニーランドでは初となる、ミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」

ファッションデザイナーとして活躍するミニーちゃんが、おしゃれな衣装に身を包んで、ゲストとの写真撮影に応えてくれるといいます。

【ディズニーシーでも新施設の開発が進んでいるよ~!!!】

これだけ盛りだくさんだと、1日ですべて回りきれるかちょっぴり不安。だけどディズニーファンならなんとしてでも、早い段階で全制覇しておきたいところですよね。

ちなみに今回大きく取り上げたのは東京ディズニーランドにオープンする新アトラクションでしたが、東京ディズニーシーでも新施設開発が行われているんです。

メディテレーニアンハーバーには、シミュレータータイプの大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティックフライト」が登場。ライドに乗って風や匂いを感じながら、世界中の名所や大自然をめぐる “雄大な空の旅” を体験できるということです。

そのほかにも、アトラクションやエンターテイメントプログラムの刷新など、リニューアルが目白押しのよう。もうこうなったら、数日ホテルにでも宿泊して、全制覇するしかなさそうですね!?

参照元:プレスリリース、東京ディズニーリゾート・ブログ
画像=©Disney
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事