スポンサーリンク

本日2018年11月11日は「ポッキー&プリッツの日」でもありますが……同時に「独身の日」でもあるんです。

「独身の日」の別名は「光棍節(こうこんせつ)」で、中国で生まれた記念日。

中国では特に男性の独身者のことを「光棍(つるつるの棒)」と呼ぶのだそうで、11月11日は棒が4本並んでいるように見えることから、1990年ごろから学生の間で祝われるようになったんですって。

【そろそろ「おひとりさま」を極めつつあります】

かくいうわたしも、独身

アラサーからミドサーになっても相変わらず結婚願望というものが湧いてこず、結婚への興味もメリットも感じられないので、おそらく今後そういった縁があっても “事実婚” という選択肢を取ることになりそうな気がしています。周囲の友人・知人にも、事実婚増えてることだし……。

【独身女性(ひとり暮らし)がやってしまいがちな行動20】

そんなわたしが独身の日にお送りするのは、「独身女性あるある(ひとり暮らし限定)」! 気がついたらやってしまっている “独身にありがちな行動” を、20個まとめてみましたよ。

1. ひとりごとが増える
2. 1人映画に1人ご飯、1人旅に1人フェスと、「ぼっち行動」ならどんとこい(なんなら1人のほうが自由で楽しい)
3. 出会った男性の薬指に指輪があるか、まずチェックしてしまう
4. シャツにアイロンがかかっているかどうかもチェックしてしまう
5. 不倫の誘いには事欠かない(迷惑)
6. 既婚女性にマウントとられがち
7. 「模様替えしよう!」と思いついたら、夜中だろうと遂行
8. 稼いだお金を自由に使えるから散財しがち
9. 「家具の組み立て」や「テレビと録画機器の配線」などが自然とできるようになっていた
10. 周囲の友人がどんどん結婚していくので、気軽に夜遊びに誘えなくなる
11. でもひとりあそびのプロなので、あまりダメージはない
12. アマゾンプライムやネトフリを永遠に観てしまう
13. 時間を忘れて趣味に没頭
14. 急にペットを飼いたいと思うようになる(あるいはすでに飼っている)
15. なにもする気が起きないほど疲れている夜は、メイクだけ落としてなんもしないで寝る
16. 気を抜くと食事がテキトーになりがち
17. 人のペースに合わせるのが苦痛
18. もうルームシェアとか無理
19.外に出た服のままベッドに腰掛けない、など 自分ルールがある
20. なんだかんだいってひとりきりになれる時間が好き

さて独身&ひとり暮らし女性のみなさん、少しは共感していただけたでしょうか……。

年齢によって「あるある」の内容も変わってくるとは思うのですが、ひとりが心地よいと感じるならば、ひとりでいることを怖がる必要も、後ろめたく思う必要もないので、堂々とひとりを謳歌していこうではありませんか♪

【「独身の日」といえば「セール」です!!!】

ちなみに「独身の日」といえば、各有名ECサイトが大規模セールを実施することでも知られています。

中国最大のECモールサイト「タオバオ」を筆頭に、日本では「イオン」や「楽天」などがセールを行っているようなので、さっそくお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

参照元:今日は何の日~毎日が記念日~プレスリリースイオン楽天
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事