スポンサーリンク

日本を代表する俳優のひとりである香川照之さん。2016年にNHK Eテレで放送された番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』をきっかけに、近年は昆虫愛に溢れた “カマキリ先生” としても親しまれています。

そんな香川さんが、子供服をメインとした昆虫モチーフのアパレルブランド『Insect Collection(インセクト コレクション )』をプロデュース。Insect Collectionとは、日本語で「昆虫採集」という意味。

2018年11月20日に東京・上野の国立科学博物館「コンパス」で開催された1stシーズンのお披露目イベントに “カマキリニット” スタイルで登場し、お約束のカマキリポーズを披露。子どもたちとのお揃いコーデも公開して、会場を大いに沸かせていたようなんです。

【香川さんが運営する会社によって立ち上げられました】

香川さんの持つ「虫が好きで好きでたまらない」という特性が、まさか洋服というかたちで生かされるだなんて、正直予想だにしておりませんでしたが……。

実は『インセクト コレクション』というブランドは、香川さんが代表取締役を務めるアランチヲネ株式会社によるもの。「昆虫とともに大人も子供も成長してほしい」という思いのもとで立ち上げられたのだといいます。

【キャラクター紹介ページがアツすぎる】

“昆虫採集” と名付けられているとおり、このたび発表された「2018Autamun/Winter」には、昆虫の柄モチーフがずらり。オフィシャルサイトには、それぞれの虫たちに愛着が持てるようにと、詳細なキャラクター紹介ページまで設けられているんです。

たとえば「ちょうちょ(蝶々)ちゃん」という項目をクリックしてみると、「ちょうちょちゃん」の性格に関する記述のほか、キャラクター誕生に至るまでの思いが11行に渡って書かれています。

さらに「昆虫占い」なるコンテンツまであるではありませんか!

『香川照之の昆虫すごいぜ!』の出演中にも感じますが、香川さんの昆虫愛の深さは、いつだって予想を超えてくるな……!

【素材にもこだわってます!】

ブランドを立ち上げた背景には、

「虫を観察し、触れ合いを持つことで、生物というものが本来持つ可能性、あるいは本来持たねばならない方向性を思い出し、再認識し、それが人々の生活にもう一度、真なる姿を呼び起こしてくれるのではないか」

という、香川さんの熱い思いがあるそう。

デザインにこだわるのはもちろん、地球に優しい素材、子供の肌にも優しい素材を使っているらしく、環境にも優しい! また収益の一部は日本最古の自然保護団体「日本自然保護協会」に寄付されるなど、その徹底した姿勢に頭が下がる思いです。

お洋服はどれもこれも可愛くって、今すぐ子供に着せたくなるデザインがそろっています。気になった方はさっそくチェックしてみてくださいね♪

参照元:プレスリリースInsect Collection
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事