スポンサーリンク


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、「ハリー・ポッター魔法ワールド」の最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年11月23日公開)です。

前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から2年、待ちに待った最新作では、前作でラスボス的な存在感を放っていたグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が本格的に大暴れしますよ!では物語から。

【物語】

ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、シャイだけど人のいい魔法動物学者。彼がいつも持っているトランクは無限の空間を持ち、彼はケースの中で魔法動物を守っています。

ある日、囚われていたグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が脱走したという知らせが! 魔法使いが人間を支配するべきだと暴れ始めるグリンデルバルド。ダンブルドア(ジュード・ロウ)に「グリンデルバルドを倒せるのは君だけだ!」と言われたニュートは、最強の敵相手にどう闘うのでしょうか~!

【メイン登場人物のポイントをまとめてみました!】

前作はニューヨークが舞台でしたが、本作の舞台はロンドンとパリ。ホグワーツ魔法魔術学校時代のニュートも描かれ、ワクワクですよ!

しかし、個人的には登場人物が増えたため、物語を楽しみながら、頭の中で彼らの関係性を整理するのが意外と大変でした……。というわけで、メインキャストについて、本作での活躍ポイントをあげてみました。

・ニュート(エディ・レッドメイン)
魔法動物を駆使してグリンデルバルトと闘うシャイな魔法使い。兄テセウス(カラム・ターナー)との確執、初恋の相手リタ(ゾーイ・クラビッツ)&ダンブルドアとの再会など、様々な出来事に遭遇して、右往左往!

・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)
捕らわれていた黒い魔法使い。冒頭からすべてに者の心を引き寄せるカリスマ性を発揮し、魔法の力で街をまるごど破壊しそうな勢い! ダンブルドアとの謎めいた過去を持つ彼は、人間界征服のためなら手段を選ばない。

・ティナ(キャサリン・ウォーターストン)
魔法省で闇祓いとして活動中の真面目な魔法使い。前作でニュートと出会い、恋の予感を感じさせるも、お互いにシャイなので進展していない様子。ニュートがリサと婚約したと勘違いしてショックを受けてしまう。

・クイニー(アリソン・スドル)
人の心を読み、操れる魔法使いでティナの妹。前作でジェイコブ(ダン・フォグラー)と恋に落ちるけど、人間と魔法使いの恋は禁止。それでも彼と結婚したい彼女は掟破りの方法をとってしまう。

・ジェイコブ(ダン・ファグラー)
前作でパン屋の開業準備でニュートと出会い、魔法の世界を知ることになった人間(マドル)。一度記憶を消されてしまうが、クイニーのラブ魔法で記憶を取り戻し、再び魔法界の戦いに巻き込まれていく。

・クリーデンス(エズラ・ミラー)
人間として成長してきたが、実はとてつもない力を持った魔法使い。継母のもとで育ち、虐待を受けていた彼は、本当の家族を知りたい様子。そんな彼を利用しようとグリンデルバルドが近づいてきて……。

彼らに加えて、グリンデルバルド側の人物と魔法省側の人物が入り乱れて、魔法バトルが展開したり、巨大な魔力を持つクリーデンスを巡る攻防があったりと、盛りだくさん! 前作を見ていないとわかんなくなっちゃうと思うので『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は見ておいたほうが良いと思います。

【『ファンタビ』起承転結の「承」という位置づけ?】

前作は、続編があるような含みを持たせつつも、一件落着的なエンディングでホっとさせてくれましたが、本作は全然ホっとさせてくれません。それどころか最後に「えーっ!!!」という秘密が明かされて、私は「早くパート3を見せて~!」と叫びたくなりました。


本作の内容がちょっと複雑になったのは、おそらくシリーズの起承転結の「承」にあたるパートからなのかなと。パート1でニュートの魔法の旅の始まりを見せ、本作でこの旅は激しい闘いを含むものであるという魔法界のダークサイドを描き、パート3は今回の内容を踏まえて「転」として、よりスケールアップしていきそうです。

【ニュートとグリンデルバルドの戦いの行方は?】

つまり本作はすべてがパート3への伏線になっているのではないかと……。グリンデルバルド、ダンブルドア、クリーデンスが次回の鍵になると思うので、本作で彼らの行動と関係性をよく見ておきましょう。

オドオドしているニュートが俺様なグリンデルバルドに勝てるのか。見ていてヒヤヒヤしますが、彼をサポートする魔法動物が大活躍。かわいいのから迫力あるのまで、数々取り揃えておりますよ。魔法動物たちはこの映画の癒しなので、ニュートのトランクにもぜひ注目してくださいね。

執筆=斎藤 香(c)Pouch

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
(2018年11月23日より、3D/4D/IMAX(R)同時公開)
監督:デイビッド・イェーツ
脚本:J・K・ローリング
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラビッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ブロンティス・ホドロフスキー

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事