スポンサーリンク

星野源さんと吉岡里帆さんが共演する「日清どん兵衛」CM、『どんぎつね』シリーズがスタートしたのは2017年の春ごろ

ふたりの初対面から1年半以上経つわけなのですが、時の流れとともに、心の距離もどんどん縮まっている様子。2018年12月2日にYouTubeで公開された新作CM『ツキを招く月見そば』篇では、肩を並べて “年末詣で” に出かける様子が描かれています。

……むむ? ちょっと待てよ。 “初詣で” ではなく “年末詣で” って、個人的には初耳なんですけども~~~!?!?!?

【初詣でより御利益があるかも?】

年末詣でとは、初詣でのように、年末にお参りにいくことのよう。CMでも、吉岡里帆さん演じるどんぎつねが

「御利益あるみたいですよ」

と言っています。調べたところ、近年では人手の多い初詣でを避けて、年末詣でをする人もいるみたいです。そんなわけで、着物を着て年末詣でに出かけたふたりは、目を閉じ手を合わせながら、今年1年間をしみじみと振り返っています。

【どんぎつねがかけた「魔法」とは】

その後は家に帰って、日清どん兵衛の天ぷらそばを片手にお月見。「来年良い年になりますように」とつぶやく星野さんを見つめながら、吉岡さん演じるごんぎつねはふと、 “良いこと” を思いつきます。

それは “目の前に浮かんでいるお月様をそばの中に入れる” こと!

おはしでお月様をつかむような仕草を見せた、その次の瞬間。おそばの中にはお月様のような卵がぷっくりと浮かんでおり、どんぎつねがかけた魔法によって、見事な “月見そば” が完成したのでした。こちらも「ツキを呼ぶ」との掛け言葉にもなっていて、なんだかご利益ありそう〜。

【卵を入れるだけだから試してみるべし☆】

天ぷらそばに卵を入れるというアレンジは、今年どん兵衛が推奨している食べ方。ホームぺージによると

「おだしがとろっとまろやかになり、そのとろっとしたおだしがおそばとよく絡み、想像以上の美味しさです」

とのことで、読んでるだけでお腹がすいてくるんですけども~!

卵をひとつ割り入れるだけなのに、いつもの天ぷらそばがグッとレベルアップしたかのようなビジュアルになるのが嬉しいし、食べたときの満足度も相当高いはず。それにしても……チキンラーメン然り、人はなぜ、卵が入っているだけでこんなにも胸がはずんでしまうのでしょうか。

【年末にマネしてみるといいかも~!】

今年の年末はCMに倣って、しっぽり年末詣でを楽しみ、年越しそばとして “どん兵衛天ぷらそばの月見アレンジ” を食べる……というプランを実行してみるのもアリかもしれません。

2019年の星野さんとどんぎつねに新たな展開はあるのか、そちらも非常に楽しみですね♡

参照元:YouTube日清のどん兵衛
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事