30代で、外回り業務が多いOLライターが愛用する通勤靴のヒールスニーカー。外反母趾の人向けながら、外反母趾じゃない人にも快適!

外出仕事が多い筆者が愛用するパンプス「fitfit(フィットフィット)」

30代外回りOLの筆者は、ずっと足が痛い・疲れる・かかとが抜けるといったパンプスに対する悩みがありました。就職してからの年月そのままパンプス難民であったといっても過言ではありません。シューズ売り場でどんなに試着をしても、購入後に実際に通勤に履くとやっぱり足に合わなくて痛い…の繰り返し。

これまで靴にかけてきたお金も半端ありません。そんな私が30歳になって出会ったのが、「ヒールニーカー」。外反母趾向けのシューズを作っているブランド「fitfit」のもの。ヒールなのに毎日履きたい! と思えるほと快適な履き心です。

fitfit(フィットフィット)

外反母趾向けのシューズをうたっているブランドですが、私自身は外反母趾ではありません。でも試しに履いてみたら私の足にもぴったりとフィット! 予想よりもお手頃な価格だったので、オフィスにも履いていけるデザインのものを購入してみたんです。

履き始めて数日…いつもなら親指のあたりが痛くて履けなくなっているころなのに、「ヒールニーカー」は全然そんなことがない! あまりに感激して、再びシューズショップを訪れ、この靴について聞いてみました。

快適さの秘密は「fitfit」オリジナルの設計にあるんだとか。一般的な靴よりも親指のあたりに余裕があるデザインだから痛くならないんだそう。他にもソールの高さが内側と外側で微妙に違っていたり、ソールがふかふかだったりと、つくりが細やか。どうもこれも快適さの秘密のよう。

fitfit(フィットフィット)

見てください! このしなり具合! 普通だったらこんなにしならないでかかとが抜けちゃいますよね。この機能は階段を上り下りするときだけでなく、仕事に遅れそうな時、猛ダッシュする際にもとっても便利!

fitfit(フィットフィット) レザーバックルヒールニーカー

私が愛用しているのがこちら! 『レザーバックルヒールニーカー』。価格は税抜きで12,900円でした。マスタードのほかに、黒やピンクベージュもあります。

fitfit(フィットフィット) レザーバックルヒールニーカー/マスタード

このヒールニーカーは、もともと累計21万足販売する人気シリーズ「パンプニーカー」から生まれたものなんだそう。シリーズ初となる5.5cmのセパレートヒールで、オフィスシーンでもきちんと感を演出できるのが、働く女性にぴったり。

fitfit(フィットフィット) レザーバックルヒールニーカー/黒

あまりの快適さ、優秀さに私は先日、色違いも購入。黒はイエローよりさらに汎用性が高いので、活躍!

興味があれば、チェックしてみてください。

Source: ファッション – Oggi.jp

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事