毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」です。Pouchでは担当ライターが体を張ってぼっちの限界に挑み、ぼっちの可能性を広げるべく、世の中のさまざまな場所でぼっちでも楽しく過ごせるかどうかを誠心誠意、検証しています。

そして、本日11月1日は寿司の日。

ということで、私の大好きな大手回転寿司チェーン店でハシゴ酒を決行。“回転寿司飲み”は巷で人気の飲み方。お通し代もなく、美味しいお寿司を手軽に堪能できて、ひとりで飲むときには最適なのであります。

そこで今回は、「くら寿司」「スシロー」「かっぱ寿司」をハシゴ酒。どこが1番ひとり飲みに最適か比べてみました。

【大手3チェーンを一気に巡る】

ぶっちゃけ、3店舗を一気に巡るのは想像以上に大変でした。場所もバラバラだし、どこも混んでいるし(かっぱ寿司以外)、おまけに決行日はハロウィンでめちゃめちゃだったし。

しかし、回転寿司が好きならば! お酒が好きならば! 一度はやってみたい回転寿司ハシゴ酒。

ということで、一気に回った結果、酒のメニュー・値段・コスパ・メニューの質など、それはもうはっきりと違いがわかったのです。

【しっぽりビールを飲むなら「かっぱ寿司」】

まず、かっぱ寿司は現在、100円ビールや100円ハイボールなどお得に飲めるサービス開催しています。しかし! 今回は全チェーン店を公平に見るべくそういったサービスはスルー! 普段のお酒の金額で比べてみました。

かっぱ寿司はお手頃価格でお酒を提供していて、特にビールが安く飲めるのが最大のメリットでした。さっそく瓶ビール「アサヒスーパードライ」480円(税抜)を注文。

キンキンに冷えた瓶ビールをひとりで飲むなんて、大人になったなぁ…とニヤニヤするのを抑えてグビリ。

お酒に合う「あん肝軍艦」と「イカ天寿司」と合わせてみました。まずは、こんもり盛られたあん肝とパクリ。ねっとり濃厚なあん肝と苦いビールが合う〜!

次に巨大なイカ天寿司をガブリ。サックサクで、歯でしっかり噛み切れて、天ぷらとビールの苦味がこれまたいい〜!


ひとりで瓶ビールを飲むと、なかなか量も減らないので、ゆっくり、しっぽりお寿司とお酒を楽しむことができます。

しかし……シャリが美味しくなかった。寿司の命であるシャリがもっちりしていたのです。それ以外は酒飲み的に言うことなし! ごちそうさまでした。

【ネタも酒も豊富で最高な「スシロー」】

圧倒的だったのがスシローです。ネタよし、酒よし、値段よしで、文句なし!

個人的にグッときたのは、ちょっといいビール「プレミアムモルツ」が置いてあること。そして酒の種類が多くて安いこと!

回転寿司チェーンで唯一、ワインを販売していたのがスシロー。さっそく、ワインに氷が入ったロックワインとカニクリームコロッケを注文。ワインの味は、正直に行って氷のせいか薄い味です! しかし値段と量を考えたら文句なし。

大きめのカニクリームコロッケは、サックサクでアッツアツ。キンキンに冷えたワインを合わせるとカニとワインのマリアージュがくる〜!

寿司ネタは、さんまの焦がし醤油を注文。濃厚なさんまの脂と旨味にキンキンに冷えたワインがこれまた合う! 何を食べてもハズレなしだったスシロー。ワクワク楽しい時間を過ごせました。

【一人飲みには向いていない…「くら寿司」】

シャリソーダや石澤ドレッシング、最近では糖質制限を考えた「シャリプチ」「シャリ野菜」「糖質オフ麺」など、ひとつひとつのこだわりが強い「くら寿司」。

んが……ひとり飲みにはコスパが悪かった。

まず、お酒を買うにはセルフサービスが基本。席から離れ、店内に設置された冷蔵庫から、自らお酒を持ってこないといけません。

ひとりだと荷物を考えないといけなし、移動も面倒。さらにアルコールの値段が、どこの回転寿司チェーン店よりも高いのです。そして唯一「熱燗」がないのも気になりました。

今回は糖質ゼロの「リッチハイボール(350円)」を注文。値段は普通。しかし目の前に現れたのは150mlしか入っていない小瓶だったのです。

フルーティーで和食にも合うドライな味が良かったけど、やっぱり量が少なくて一瞬飲み終わっちゃいました。

気を取り直してお寿司を注文してみると……ナニコレ? 焼きハラス(シャリプチ寿司)は、ペロンと小さい皮がのっているだけ。シャリは小さいはずなにに、思いっきりネタからはみ出て見えます。もしかしてネタもプチになるの?

人気と話題のコーンかき揚げもシナシナとした食感で、なま温かく、味も薄い。色々食べたけど全てうーんという感じで終了しました。

【総括:ひとり回転寿司飲みならスシローへ】

全メニュー食べたわけじゃないけど、ひとり飲みの視点から味・酒・値段・コスパなどを見ると、スシローが圧倒的でした。ただ、かっぱ寿司もビールが好きならいい感じです。くら寿司はファミリー向けなのかな、一人飲むにはちょっと向いていないと感じました。

……というわけで皆様も、自分のスタイルに合わせてぜひ、ひとり回転寿司飲みやってみてください!

参考リンク:くら寿司スシローかっぱ寿司
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

おすすめの記事