スポンサーリンク

北海道帯広市に本社を置く「六花亭」は、看板商品の「マルセイバターサンド」を筆頭に、北海道を代表する銘菓を数多く生み出していることで知られています。

ですが……六花亭のオンラインショップには、六花亭オリジナルグッズと交換できるポイント制があることはあまり知られてないのではないでしょうか。

六花亭オンラインショップで商品を購入すると六花亭で100円購入するごとに1ポイントもらえる仕組み(送料・代引手数料は除く)なのですが、このオリジナルグッズがめちゃめちゃかわいいのです!

【むむ、「湯たんぽ」があるぞ!!!!!】

ポイント交換でもらえるグッズは、2018年12月4日時点では全7種類がラインナップされています。

気になる顔ぶれは、六花亭のパッケージでおなじみ、坂本直行画伯が描いた草花デザインの「マグカップ」(2種 / 150ポイント)、「ケーキ皿」(250ポイント)、「スープ皿」(250ポイント)。さらにはおなじ柄の「風呂敷」(200ポイント)なども。

【湯たんぽが「とっくりセーター」を着てるみたい】

これだけでも十分魅力的だし、ポイントさえあればスグにでも交換したくなってしまうわけなのですが……。個人的にもっとも気になっているのは、550ポイントを貯めると交換してもらえる「湯たんぽ」!

明るいピンク色によく似た “はまなし色” の湯たんぽは、それひとつだけでも十分可愛らしいのだけれど、付属されている真っ白なニット製カバーをかけると可愛さが倍増するんです。

タートルネックではなく、敢えて “とっくりセーター” と表現したくなる、もったりとしたシルエットのニット製カバー。

襟元の “とっくり部分” に施された「MARUSEI BUTTER(マルセイバター)」と書かれたタグも絶妙にレトロで、イイ味出しているんですよねぇ。

【湯たんぽと同じ色の「ひざ掛け」も可愛いよ~】

抱きかかえてどこへでも連れて行きたくなっちゃうくらいに愛らしいので、できることなら、フツーに販売してほしいっ。ちょうど今の時期、湯たんぽは手放せない存在ですし、商品化したら結構売れると思うのですが……さてみなさんは、どう思うでしょうか。

ちなみに、もっとも多い600ポイントを貯めるともらえるのが、色・柄ともにはまなし色の「ひざ掛け」。使いやすいフリース素材で、90cm×120cmと十分なサイズ感となっております。

こちらもきっと、フツーに販売したらバンバン売れそうな予感。しかしながらそれは今のところ “叶わない夢” ですので、お互い頑張って、ポイントをしこたま貯めこむことにいたしましょう!!!

【ポイントの有効期限が長め(嬉しい)】

ポイントはグッズと交換できるほか、次回の買い物から「1ポイント=1円」として利用することもできます。有効期限は最後の注文日から3年間もあるのがありがたい!

オリジナルグッズの内容は季節によってかわるほか、数に限りがあるとのこと。欲しいグッズがある人は、たくさん六花亭のおやつを食べなきゃいけませんね!?

参照元:六花亭
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事