スポンサーリンク


去年のクリスマス、あなたは誰と過ごしていたでしょうか。恋人、友人、家族など、大切な人と一緒にいたという人も少なくなかったと思います。

海外では「家族と過ごすクリスマス」というのが定番のようなのですが、さまざまな事情があってそれが叶わない場合もあるもの。

残念だし寂しいけれど、仕方がない。そんなふうに諦めていた人たちのもとに、サプライズで家族が帰ってきたら……。果たしてどんな反応を示すのでしょうか。

【最高に幸せになれるサプライズが続きます】

ツイッターで「surprise(サプライズ)」と検索すると、「実はクリスマスに帰る予定じゃなかったんだけど……帰ってきたよ~!」と、家族にサプライズを仕掛ける人がたくさん出てきます。

【その1:妻と子供たちへサプライズ】

たとえばユーザーの@jayyo07さんは、妻と子供たちにサプライズ。ドアを開け、「ベイビー、帰ったよ!」と話しかけると、「ギャーーーーーー!!!!!」という大絶叫とともに妻と子供たちが次々駆け寄ってきたではありませんか。

https://platform.twitter.com/widgets.js

代わる代わるハグをしては喜びを爆発させる妻と子供たちを見て、パパもとっても幸せそう

真っ先に夫に掛けより、しばらくハグした後は座り込んで放心状態。その後もう1度熱~いハグを交わす妻の姿も感動的で、その様子にウルウルしちゃうのは、きっとわたしだけではないはずです……!

【その2:両親へサプライズ】

ユーザーの@hquiroga4さんは、大好きな両親へサプライズ。

あらかじめ「会えなくて寂しいよ。メリークリスマス」とビデオメッセージを送り、上映会をしている最中に階段の上から登場する……といったサプライズを行っておりまして、ビデオを見ているあいだは悲しそうに涙ぐんでいたご両親の顔がパッと輝くシーンは感動もの。

https://platform.twitter.com/widgets.js

愛する息子の姿を目にするや否や「オーマイガーーーーーッ!!!!!」と大絶叫して(喜びのあまり叫ぶというのは定番なんですね)、パパはニコニコとハグ。一方のママはというと感激のあまり大号泣しておりまして、見ているだけでもらい泣きしちゃうわ……。

【その3:ママから娘へサプライズ】

と、このように、終始泣きっぱなしになってしまうサプライズシリーズは必見です。でも泣いてばっかりでもアレなので、最後は思わずにっこりしてしまうサプライズをご紹介!

@politihijabiさんによるサプライズの仕掛け人はママで、サプライズされるのは幼い娘

https://platform.twitter.com/widgets.js

車中にいるママの姿に気がついた娘さんが絶叫しながらぴょんぴょん飛び跳ねて喜ぶシーンがとっても可愛らしくって、見た瞬間にハッピーになれちゃうこと確実なんです。

クリスマスを大切な人と過ごせる喜びは、きっと万国共通。 “幸せのおすそ分け” をしてもらうべく、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Twitter検索 surprise
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事