スポンサーリンク

京都市中京区にある二条城は、京都の守護および上洛(じょうらく / 京都に行くこと)のため、徳川家康が居城として築城した建築物。

城内全体が国の史跡に指定されているほか、国宝の「二の丸御殿」や、狩野派の画家による障壁画など、重要な遺構が数多くあることで有名です。1994年には、「古都京都の文化財」のひとつとして、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。

そんな二条城を舞台に、花々をフィーチャーした没入型イベント「FLOWERS BY NAKED 2018 —京都・二条城—」が2018年11月3日から12月9日まで開催されます。

【通算30万人を動員した超人気イベントです】

仕掛け人は、映像やインスタレーション、空間演出、プロジェクションマッピングなどを行う、映像制作会社のネイキッド。

ネイキッドはこれまで、東京駅丸の内駅舎の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や新江ノ島水族館「ナイトアクアリウム」、東京タワー「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」などを手がけていて、「FLOWERS BY NAKED」も代表作のひとつです。

フォトジェニックな写真が撮れるアート空間として人気を博し、通算30万人を動員。ハッシュタグ「#flowersbynaked」の投稿数が5万件を記録した注目のイベントが、今回めでたく関西に初上陸します。

【誰も見たことのない「秋の二条城」を体感せよ】

京都といえば秋の紅葉を目当てに訪れる人も多いですが、二条城にはこれまで秋に紅葉する木々が少なかったとのこと。しかし今イベントでは、歴史的建築と先進アートを融合させた全く新しい “秋の二条城” を満喫できるんです。

初の紅葉ライトアップに、近づくと香りがするコスモスの空間演出。

重要文化財「二の丸御殿御清所」の部屋一面に揺れるススキ畑、さらには重要文化財「唐門」へのプロジェクションマッピングなどが予定されています。

今までに誰も見たことのない二条城の姿に出会えること間違いなしですよ〜っっ。

【開催時間を間違えないよう注意!】

そのほか、室町時代から続く「華道家元池坊」とともに “いけばな×先進アート” コラボ作品も発表されるそう。

入場料金は、前売券が大人1000円、小学生600円。当日券は大人1200円、小学生800円となっております。こんな機会はそうそうないと思うので、この秋冬に京都を訪れる予定があるというみなさんは、立ち寄ってみるといいかもしれません。

なお、このイベント自体の開催時間は、17時30分から22時(最終入場 21時)です。日中に見ることはできませんのでお気をつけて~!

参照元:プレスリリースFLOWERS by NAKEDInstagram @naked_incTwitter @NAKED_STAFF
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事