スポンサーリンク

ハロウィンを間近に控えた、2018年10月27日から28日にかけての一夜。東京・渋谷の街が荒れに荒れまくっていたことは、みなさんも各メディアの報道などでご存知のことと思います。

「ハロウィンは無礼講」という誤った認識があるのか、羽目を外しすぎてしまう若者が増えているように思える昨今。

最近では仮装の小道具として、エアガンやエアソフトガンを持ち歩く人も少なくないらしく、エアガンの老舗メーカー「東京マルイ」が、ツイッターで使用するうえでの注意を呼び掛けているんです。

【守りたい3つのこと】

「これから盛り上ろうという時期に水をさすようで心苦しいのですが、安全に関わることですので、どうかご一読と拡散のご協力をお願いいたします!」

こちらの一文に添えられていたのは、以下、3つの注意喚起。

・公道など、人や車が通る公共の場では「エアガン(エアソフトガン)」を見せないでください
→怖がる人もいるので、バッグで持ち歩こう!

・ハロウィンイベントに参加するときには、必ずイベントのルールを確認してください
→エアガン(エアソフトガン)を持ち込めないイベントも。持ち込みOKでも弾が出ない状態にしておこう!

・なによりも、「エアガン(エアソフトガン)」を買ったらまず説明書をお読みください
→使い方やルールを守って、怪我なく安全に使おう!

【ファンが大切にしてきた「日本の文化」】

こうして見るとすべてがすべて当たり前のことではありますが、 “お祭り状態” に心躍ってしまって、「ルールを守る」ことがおろそかになってしまう例も少なくないと思うんです。

また「東京マルイ」によれば、エアガンやエアソフトガンは日本発祥の文化とのこと。長いあいだ多くのファンが大切に守ってきたものが、1つの事故や事件がきっかけで規制されてしまう可能性もあるので、どうか理解してほしいと呼びかけていました。

【トラブルが起きたら楽しいどころじゃない】

不特定多数の人が集まる場所というのは、何が起こるかわかりません。

だからこそ、ひとりひとりがまず気をつけようとすることが、大きなトラブルを引き起こさないための第一歩。ハロウィン当日、もしも小道具としてエアガンやエアソフトガンの使用を考えているというならば、今回ご紹介した注意点にくれぐれも気をつけてくださいね~!

参照元:Twitter @TM_Airsoft
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事