スポンサーリンク

コメダ珈琲が森永製菓とコラボして「シロノワール味アイスバー」を発売したことは、先日 Pouch でもお伝えしたとおり。2018年10月23日からはこれに続くコラボ商品第3弾が発売されます。

今回フィーチャーされたのは森永製菓のベストセラーである「小枝」。コラボ第1弾「小枝シロノワール味」に続き、2回目の登場ですが……今回はうれしい相互コラボ!

全国のコメダ珈琲店では季節のシロノワール「シロノワール小枝」が、そして全国のコンビニエンスストアおよびスーパーマーケットでは「小枝<チョコノワール味>」が、それぞれ期間限定で同時発売されるというのですっ。

【気になるのはやっぱり「シロノワール小枝」】

どちらの商品も非常に興味をそそられますが、わたし的にまず気になったのは、 “小枝味のシロノワール” 。だって他社とコラボした季節のシロノワールはコメダ史上初めて(!)らしいんですもの……!

【どこらへんが「小枝味」なの?】

公式発表によれば、「シロノワール小枝」は、森永製菓が監修したパフ入りのチョコレートクリームを、ほかほかのデニッシュパンにサンドした1品とのこと。

クリームの中に入ったパフと64層のデニッシュ生地が、小枝の特徴である “サクサク食感” を表現しているといいます。

またデニッシュパンの上にこんもりと盛られたソフトクリームにも一工夫が施されているそうで、トッピングに使用されているのは、森永製菓が監修したアーモンドフレーバーソースローストアーモンド

これにより、小枝のアーモンドチョコレートの味わいを楽しめるのだそうですよ♪

【チェリーで小枝のロゴを表現】

小枝のロゴをイメージして真っ赤なチェリーを添えている点もニクイっ! 

通常サイズは800円、ミニサイズは500円で販売されて、12月上旬まで食べることができるそうなので、この機会を逃さないよう食べにいってみてはいかがでしょうか。

【「シロノワール味の小枝」も美味しそう♪】

一方の「小枝<チョコノワール味>」(194円)は、コメダ珈琲で過去に販売された季節のシロノワールのなかでも、特に人気のフレーバー「チョコノワール」をイメージした商品。

ホワイトチョコにベルギー産チョコをくわえ、ソフトクリームのミルキー感やチョコレートソースのビター感とコクを表現。

またイチゴソースを再現するべく苺チップが入っているほか、ビスケットクランチや米パフで「チョコノワール」のデニッシュ生地を表しているという徹底ぶりなんです。

【さ~て、どちらを先に食べようか】

小枝味のシロノワールと、シロノワール味の小枝。どちらを先に食べるかは、あなた次第です。なおシロノワール味の小枝は、現在の予定では11月下旬までしか購入できないそう。見かけたら即ゲットしておいたほうがいいかも!?

参照元:プレスリリースコメダ珈琲森永製菓
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事