スポンサーリンク

『ふしぎの国のアリス』は、世界中で愛されている名作。ルイス・キャロル原作の小説から始まり、ディズニーアニメに実写映画と、あらゆるかたちで表現され続けています。

白うさぎに導かれるように後を追った結果、うっかり穴に落ちてしまったことからからスタートする、摩訶不思議なストーリー。

幼いころ誰もが夢中になった物語の世界観をランジェリーとルームウェアで表したのが、「AMOSTYLE BY Triumph (アモスタイル バイ トリンプ)」による特別限定コレクション「Alice in Wonderland(アリス イン ワンダーランド)」なんです。

【ランジェリーは全3種類】

2018年11月15日より新発売された「アリス イン ワンダーランド」がフィーチャーしているのは、ディズニーアニメ『ふしぎの国のアリス』

ランジェリーのラインナップは、 “夢みるブラ” のミルキーホイップパッドと体にフィットする設計を取り入れた「ブラジャー」(B-E 65-75 / 4490~4790円*以下すべて税抜き)。

ノンワイヤーで締めつけ感が少なく、ラクちんな着けごこちの「ブラレット」(3サイズ / 4490円)。そして、ハイキニ・ヒップハンガー・サニタリーと3デザインそろった「ショーツ」(2サイズ / 1800~2300円)の3種類。


「ブラジャー」には、表情豊かな花たちの総柄プリントと、映画のワンシーンをそのまま抜き出したようなパネルプリントの2デザインがあって、「ブラレット」および「ショーツ」にはさらにもう1デザインが加わった合計3デザインとなっています。

【ルームウェアは2種類】

一方ルームウェアのラインナップはというと、ブラックとピンク2色が揃った「トップス」(2サイズ / 3990円)と「ローブ」(2サイズ / 7990円)の2種類。

なかでも目を引くのは「ローブ」で、光沢感のあるなめらかなサテン生地といい、オリジナルデザインのバックプリントといい、女子のテンションを上げてくれる要素が満載なんです。

アニメがテーマとはいえほどよく大人っぽさもありますし、「部屋着にこそ可愛いデザインを取り入れたい!」という人には、確実に刺さるのではないかと……!

【甘いだけじゃないところが◎】

“ものいう花たち” とのワンシーンをイメージしたアートや、アリスの可憐で可愛らしい姿がデザインされたランジェリーやルームウェアは、全体的にフェミニンな印象。

それでいて、ランジェリーに取り入れられた花柄はビビッドでどこか毒々しく、 “甘いだけじゃない” ところにグッときます。

お値段設定も良心的ですし、1年間頑張った自分のご褒美にいかがでしょうか♡

参照元:プレスリリースAMOSTYLE BY Triumph
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事