この時期になると、お歳暮やお年賀などで、いただく機会が増えるようかん。そんな頂き物のようかんが余ってしまったときや、最初は美味しく頂いてたけど、食べ飽きてしまったとき。みなさんはどうしていますか?

我が家では、ようかんにひと手間加えて、最後までおいしく食べ切っています

その方法は、いたって簡単! バターを多めに塗ったトーストに、薄く切ったようかんをサンドするだけ。これがもうたまらない美味しさなのです!

【ようかんのバターサンドの作り方】

用意するものは、ようかんと薄切りの食パンとバター。分量はテキトーでOKです。

薄切りの食パンをトースターでカリカリに焼いたら、やわらかくしたバターを塗って、薄切りにしたようかんを挟むだけ!

【危険なうまさ】

バターが染みたサクサクの食パンと、甘〜いようかんのハーモニーがたまりません!

バターの塩気があんこの甘さを引き立てて、いくらでも食べられちゃう!!  お汁粉に塩昆布的なおいしさです。コーヒーやエスプレッソと合わせて召し上がれ〜!

【あんこと乳製品は相性バツグン!】

コッペパンにあんことバターを挟んだ「あんバター」に、名古屋名物の「小倉トースト」、あんみつにアイスクリームを添えた「クリームあんみつ」、あんこと生クリームを挟んだ「生どら焼き」……と言った具合に、あんこと乳製品の相性の良さはお墨付き。

おいしさのポイントはパンをカリカリに焼くことと、バターをたっぷり塗ることでしょうか。おうちにようかんが余っている方は、ぜひお試しを!

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事