スポンサーリンク

鳩は、日本国内でもそこかしこで見かける鳥ですが……。こんなにきらびやかな衣装を身に着けている鳩は、きっとほとんどの人が見たことがないはず!

世にも珍しい “おめかしした鳩” が発見されたのは、2018年11月10日。場所は、アメリカ・アリゾナ州の都市グレンデール。

鳩は若いオスだったようで、驚くことにラインストーンがついたキラキラのベストを着ていたのだそう。そのゴージャスな装いが、海外ネットユーザーから注目を集めているようなんです。

【野鳥の保護団体が見つけてくれたみたい】

問題の鳩を見つけ保護したのは、負傷した野鳥たちの救助とリハビリを行っている非営利団体「Fallen Feathers」。同団体でディレクターを務めるジョディ・キエラン(Jody Kieran)さんは、すぐさま元の所有者を探すべく、フェイスブックで情報を拡散したといいます。

【本来は「野生に帰して」いるのだけれど…】

「Fallen Feathers」の目的は本来、傷ついた鳥たちを野生に帰してやること。

しかしながらキラキラのベストを着ていたところを見るに、誰かに飼われ、可愛がられていたことが予想されます。

肩にちょこんと留まったまま大人しくしていられるほど人馴れもしているし、野生に帰すという手段は「この鳩の運命ではない」とキエランさんは考えているようなんです。

【鳩さんは「西部劇」がお好き】

海外サイト「azcentral」に掲載されたキエランさんのインタビューによれば、鳩はとっても懐っこい性格らしく、「ニュース以外のテレビを観るのが好き」とのこと。特に好んで観ているのは西部劇らしく、この趣味が飼い主さんを探す手がかりになるかも!?

今後は鳩の飼い主が見つかるまで1カ月待ち、ダメなら養子縁組も考えている……と話していたのですが、11月20日に、どうやら元の飼い主さんが見つかったそう。無事に元のお家に戻れてよかったですね!

参照元:Facebookazcentral
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事