スポンサーリンク

ある日のこと、Pouch 編集部の30代女子3人が寄り集まってぺちゃくちゃおしゃべりしていたところ、話題は恋バナに発展。そこで出てきたのは

「元カレの連絡先は消す。自分の中から存在を消して、記憶から抹消したい」

という発言でした。これにはその場にいた全員が完全同意、「消すよね」「消すよ、なにもかも」と盛り上がったわけなのですが……。

別の機会に20代の男女に対して全く同じ話題を振ってみたところ、返ってきたのは、予想を覆す “真逆の答え” だったのであります。

【20代男女「元恋人の連絡先は消さない」】

20代の男女いわく、

「わざわざ連絡先は消さないですよ。写真やLINEのトークも消さないですし、SNSのブロックだってしません」

とのこと。それだけじゃなく、昔の恋人からもらった手紙やプリクラ、LINEのアルバムも大事に残しているということでした。

そ、そうなの……? わたしだったら写真やトークなんていちばん思い出が詰まったものだから、連絡先よりも先に消すけども……。

【SNSへの投稿は消す】

ただし例外はあるようで、インスタやフェイスブックなどSNSに元カレが写っていたり、 “匂わせ” を連想させる投稿があったりしたら、消すのだそうですよ。

つまりは全世界に公開されるものでなく、自分だけが見るものだったら、残しておくってことなのか!

【いつか見返すそのときのために「取っておく」】

またふたりに、連絡先など諸々の “元恋人にまつわること” を消さない理由について尋ねてみたところ、

「将来自分が結婚して、たまに相手に飽き飽きしたら、そっと昔の恋人の写真を見返したら楽しそうだから」

とのこと。思い出は、時間が経つほど美しいものへと変化していったりするので(実際はそうでもなくても)、そう考えるとわからなくもないかも!?

【プレゼントも捨てない】

そのほか20代男女と話していて「なるほどね~~~!」と唸ってしまったのは、

・元カレからもらったプレゼントも捨てない

「もらったプレゼントも余裕で使いますよ。だって、物に罪はないですし。お揃いのキーホルダーでも、使えるならなんでも使います」

・もし相手に指摘されたら?

「もし、今付き合っているひとに指摘されたら消したり捨てたりするけど……。誰でにも過去はありますからね」

という意見でした。「物に罪はない」っていう意見はもっともですし、「誰にでも過去はある」って、なんだかオトナな発言~~~!

【20代の恋愛観は「スマホ」と大きく関係している!?】

と、このように、世代によって恋愛観に差が生まれていたわけなのですが……。よくよく考えてみると、その一端を担っているのは「スマホ」の存在のような気がしてきました。

バシバシ写真撮影ができるスマホが主流の今。毎日のように撮影している人も少なくなく、写真や動画の量が膨大すぎるので、削除するだけで一苦労。

そういった「めんどくさい」という思いが根底にあるのでは……と20代男女に尋ねてみると、「そういうのもあるかも」という答えが返ってまいりました。

これはあくまでも編集部のまわりの話。もちろん20代でも全消去派はいるでしょうし、30代でも残しておく派の人もいるとは思います。とはいえ、恋愛観って、その時々の時代背景と密接に関わっているものなんだなあ、と思った次第でございます……。

画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事