スポンサーリンク


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップする映画は『スマホを落としただけなのに』(2018年11月2日公開)です。SNSサスペンスと聞いていたので、前回紹介した『search/サーチ』と似たような映画かなあ~と思いながら試写を見たら、違いました!

同じようにSNSが重要な鍵になっているものの『search/サーチ』は行方不明の娘を探すツールとして描かれていました。でも本作では犯人がSNSを悪用し、ヒロインを恐怖に陥れていくのです。違ったアプローチであることと、恐怖映画の金字塔『リング』の中田秀夫監督作らしく、ホラーの味わいが濃厚というところが◎! では物語から。

【物語】

麻美(北川景子)が恋人の富田(田中圭)に電話をしたら、別の人物が電話口に出ました。その人物は彼が落としたスマホを拾ってくれた人。「喫茶店にあずけておくから、取りに来てください」と指示された彼女は、富田の了解を得て、スマホをピックアップしに行き「これでひと安心」と思っていたけれど、実は、その人物は富田のスマホに勝手にログイン。麻美の画像を見てひと目ぼれし、富田のスマホから麻美の個人情報をハッキングしていたのです!

【映画の中だけで起こる恐怖じゃない!】

本作はフィクションなのですが、正直「シャレにならない!」と思いましたね。アカウントの乗っ取りとか、個人情報を丸裸にして、プライベート写真を流出させるなど、富田と麻美に起こる恐怖は、現実に同じようなことが起こっているからこその恐怖です。 

スマホは、財布やクレジットカードと同じくらい、なくしたら大きな被害を被る可能性があるのに、意外と軽く扱っちゃうじゃないですか。財布は盗まれないように気を付けるけど、スマホに対する危機管理は低いような気がするんですよね、個人的には。麻美の恋人の富田なんて、パスワードがわかりやす過ぎて、犯人はすぐロックはずしちゃいますから。この映画はそこを突いてくるので、ドキっとするし、気を付けなければと思える。注意喚起をうながしてくれる映画ともいえるかもしれません。

【犯人の異常性が際立つ演出】

しかし、本作の真の面白さは、ハッカーのSNS犯罪ものに留まらないというところでしょう。同じ時期に起こる連続猟奇的殺人事件、そして麻美がひたすら隠す過去の出来事など、物語が思わぬ方向へとは二転三転していくのです。SNSサスペンスから、だんだんサイコホラーの顔を見せてくるのですよ!

スマホ事件と連続猟奇殺人事件の犯人が同一人物であることは前半で明らかになるのですが、そこからの犯人の行為が怖い! 犯人は長い黒髪への執着があるため、殺人の標的も全員、長い黒髪の女。床に散らばった被害者の髪をかき集めて、嬉しそうに触りまくり、食べちゃうんじゃないかとさえ思いましたよ。まさかホラーな展開になるとは思わなかったので、ビックリするわ、気持ち悪いわで、直視できませんでした……。

中田監督の演出だからか、犯人の見た目が貞子風で、そのモンスターぶりは、貞子が井戸から這い上がり、テレビ画面から出てきた級、いや、それ以上かもしれません!

【スマホで始まりスマホで終わる映画】

SNSサスペンスの中にホラー要素をふんだんに取り入れつつも、麻美と富田の愛情物語もたっぷり描かれています。事件に巻き着こまれたことがきっかけで、関係がギクシャクして「このふたり、どうなるんだろう」と思ったら……。スマホで始まった物語は、最後もスマホでしめてくれます!

デート映画でも大いにありだし、女子同士でも楽しめる本作。見終わったあと「自分、スマホ落としてないよね!」と、確認すること絶対です。

『スマホを落としただけなのに』
(2018年11月2日より、全国東宝系にてロードショー)
原作:志駕晃『スマホを落としただけなのに」(宝島社文庫)
監督:中田秀夫
主題歌:ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」(UNIVERSAL SIGMA)
出演:北川景子 / 千葉雄大 ・ 原田泰造 ・ 成田凌 / 田中圭 ほか
(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事