スポンサーリンク


おしゃれなパッケージと本格派の味わいで人気の明治「The Chocolate(ザ・チョコレート)」シリーズ。

本日2018年11月13日、新作「清らかに香る ジャスミンティー」が発売されました。

何と言っても気になるのが「貴族も夢中になった組み合わせ」というアピールポイント。ジャスミンティーが練り込まれたチョコレートなんて食べたことない!

カカオの強い香りに、ジャスミンティーの花の香りが負けたりしないのか……などと気になりつつ、さっそく食べてみました。

【ジャスミンの花を思わせる白いカラーリング】

清らかに香る ジャスミンティー」のイメージカラーはやわらかなホワイト。これまでの「ザ・チョコレート」シリーズはビビッドなカラーが多かったので、珍しい印象です。

味の方向性はというと、前作の「ブロッサムビター」はカカオ濃度70%とビター系でしたが、「ジャスミンティー」のカカオ濃度は50%。シリーズの中では、「フランボワーズ」に次ぐ低さです。

パッケージ裏の説明には「清々しい香りが広がる」と書かれています。チャートを見ると「花香」が突き抜けており、酸味、ミルク感、甘味などは低めのよう。

【さっそく食べてみる】

これは口に入れた瞬間、花の香りがブワっと広がるのかな〜などと思いつつ、ひと口食べてみると……。まず口の中に広がるのは、カカオの香りとビター感。

あれ? ジャスミンの香りは? と思っていたら……

口の中でチョコが溶けるにつれて、しだいに花の香り強くが広がっていくではありませんか。後味は、まさにジャスミンの香り! ジャスミンティーよりも濃厚でふくよかな、白い花のムワっとした香りが口の中に広がります。こんなチョコレート、食べたことない。

この花の香り、なんだか覚えがある……と思ったら、以前食べた「幻のハチミツ」の香りにそっくり。なんとも高級感のある味わいです。「パンがないならチョコレートを食べればいいじゃない……」的な気持ちが湧き上がってきました。

ただ全体的に、このジャスミンの花の香りを引き立てるために、酸味や甘味といった味わいはおさえているように感じます。カカオ50%ですが、それ以上にビターに感じたかも。

まさに「香りを食べる」チョコレートなので、好き嫌いはハッキリ分かれそう。ジャスミンの香りが好きな人にはたまらないけど、苦手な人には厳しいと思います。

【レースを思わせるパッケージ】

さて、この「明治 ザ・チョコレート」シリーズ、パッケージデザインの美しさでも人気です。パッケージを使って小物を作るなど、DIYを楽しむ人もたくさんいますよね。白を貴重とした紋様は、どことなくレースを思わせる繊細さ。今までのシリーズの中でもかなり使いやすいのではないでしょうか。

ちなみに、箱の内側には、カカオとジャスミンのこぼれ話が書いてありました。

白を使ったデザインは、これから訪れる冬の季節にもぴったりなのでは。

花の香りが口の中いっぱいに広がる「清らかに香る ジャスミンティー」。仕事の片手間に食べるよりも、きちんとお茶をいれて、クラシック音楽でも聴きながら貴族よろしくじっくりと味わいたくなるような高級感のあるお味でした。

参照元=明治 The Chocolete
撮影・執筆=御花畑マリコ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

スポンサーリンク
おすすめの記事