子育て中の皆さんのお悩みのひとつとして、「子どもがご飯を食べてくれない」というのがあるかと思います。

「野菜食べないだなんて栄養が……」「こんな小食でちゃんと大きくなるのかな?」なんて心配になるいっぽう、「自分の料理が下手なんじゃないか?」「もっと子どもが気に入るメニューにするべきなのかな?」なんて親としての自信もなくしがちになったりしますよね。

現在ツイッターで大きな話題となっているのは、Dr.リノさん(@awaguni_deko8)という小児科医の方のこんなツイート。

「いや本当さ、子どもがご飯食べないって言ってる奴ら。栄養バランスよく考えてみ? 一から愛情込めて手作りしてみ? ダシから味噌汁作ってみ?」

……うーん、やっぱり子どもがご飯を食べないのは親の責任なんでしょうか。

しかし、これに続くまさかの言葉に大爆笑。子どものいる皆さんは激しく共感しちゃうに違いありません!

【愛情込めて手作りしたら子どもは食べる? その答えは……】

Dr.リノさんによるツイートの全文はこちら。

いや本当さ、子どもがご飯食べないって言ってる奴ら。栄養バランスよく考えてみ? 一から愛情込めて手作りしてみ?ダシから味噌汁作ってみ? 1日がっつり一緒に遊んでさ、しっかりとエネルギー発散させて。ご飯に集中するようTVは消して。盛り付けも工夫してみな。余裕で食べないから。関係ないから。


いちから愛情込めて丁寧に作り、身体を動かしてお腹を空かせ、食事に集中できる環境を作ったとしても、子どもは「余裕で食べない」。手が込んだメニューと子どもの食べる意欲は「関係ない」

これを読んでスッと心が軽くなった皆さんも多いのではないでしょうか。

【我が家の息子もまったく同様です】

かくいう私もそう。我が家には5歳の息子がいるのですが、おいしいと言ってたくさん食べてくれるよう、そしてできるかぎり野菜もモリモリ食べてくれるよう、こちらはいろいろと考えて食事を用意するわけなんですが、まぁ食べない。

そして「ママの料理で何が好き?」と聞いて、くもりのない笑顔で「ふりかけごはん!」と即答されたときのあのガッカリ感。……いやいや、他にもいろんなもの作ってるやん? それよりふりかけごはんやインスタントラーメンやハッピーセットが好きってお、お前~……!!

【押し寄せる共感の声】

しかし、これは私にかぎらず他の皆さんも同じみたい。Dr.リノさんのツイートには

・一生懸命作っても、それを食べる食べないは子供の自由って前に誰かが言ってたのを思い出しました。その言葉に結構救われたんですよね
・先生、今日それで私発狂して泣き崩れてました… なんでだろなんで食べてくれないのだ……と……少し心が軽くなりましたありがとうございます
・一生懸命作った料理がハムやソーセージに負ける。対応として悟りを開くことにしています。
・ものすごい名言!全世界に発信したいです!!!!
・そうそう、今は心配かもしれませんが、大きくなったらやめとけというぐらい食べます(特に男の子)。あの頃の悩みはなんだったのかと思います

といった共感の声が殺到しています。これ、発言者のDr.リノさんが小児科の先生だということでなおさら「気楽に考えていいんだ」と心が軽くなった方も多いのではないでしょうか。

【よい意味でテキトーって大事~!】

親になってつくづく思うのは、想像をはるかに上回るレベルで「思ってたんと違う……」が発生するってこと。親の思い通りになんてまずいかない。でも、そこで「どうにもならないものはならん!」と割り切ることもまた大切なんですよね。よい意味で「あきらめる」というか。

とりあえず神経質になりすぎずに、テキトーに。いつか「そういやお母さんのご飯もおいしいよな」って思ってもらえればいいやってつもりでやっていきたいし、そのぐらいの気構えのほうが絶対、子どもにとっても親にとってもハッピーになれるような気がします。

取材協力:Twitter @awaguni_deko8
イラスト=テリーヌ富士子
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

おすすめの記事