ここ数年、展覧会が開催されるたびに注目されているのが、会場限定のオリジナルグッズ。作品を模したフィギュアが発売されたり、「縄文展」では「保冷剤」と「軍手」のセットが発売されたりと、攻めの姿勢を崩さないグッズに多くの人が心を奪われている様子です。

今回注目したのは、2018年10月27日から2019年1月20日まで、東京・上野にある東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」のコラボグッズの数々。

「ポケモン」に「BEAMS」、「湖池屋」、そして世界のお茶専門店「ルピシア」という4ブランドとコラボを繰り広げており、ジャンルを超えたラインナップに度肝を抜かれるのです! 全てのグッズがあまりにも可愛くて、魅力的で、欲しすぎて叫びたくなるほど……!

【世界的名画『叫び』がモチーフに】

エドヴァルド・ムンク作品の中でもダントツで有名なのが、世界的名画のひとつとされる『叫び』。展覧会のタイトルにも「叫び」の二文字があることからもわかるように、この展覧会でも、もちろん『叫び』を鑑賞することができます。

というわけで、コラボグッズにも『叫び』がじゃんじゃんフィーチャーされているのです!

ユニークなセンスが特徴のブランド「BEAMS」では、オシャレな洋服や雑貨が登場! パッと見はムンクとわからない、センスあるグッズが多く揃っています。

そして「湖池屋」では、カラムーチョとすっぱムーチョが「ムーチョの叫び 」 となって登場! 意外と違和感なしです。

そして紅茶メーカーの「ルピシア」とのコラボでは、ムンクの世界観と色彩をイメージ。様々な果実の香りで重厚感のある味わいに仕上げたオリジナルティーが登場しました。缶のパッケージにはムンクの作品が描かれています。


また、これらの全商品は、数量限定で売り切れの可能性があります。グッズが欲しい人は早めにチェックすべしです。

【ポケモンコラボグッズが可愛すぎて泣ける】

なかでも目を惹くのが、「ポケモン」とのコラボグッズ

ピカチュウをはじめとした人気ポケモン達が、ほっぺに手を当て大きな口をあけて「叫び」を再現。スマホケースやぬいぐるみなど、可愛すぎる限定アイテムが続々と登場しているのです!

【限定ポケモンカードのもらい方をチェック】

「叫び」デザインのポケモンのカードはピカチュウ、ミミッキュ、イーブイ、モクロー、コダックの5種類登場!

全部欲しい〜!と叫びたくなりますが、キャラクターによって入手方法が違うので、要チェック!

「ピカチュウ」はムンク展の来場記念でもらうことが可能。(詳しい配布日時、方法に関しては、ムンク展公式サイトで公開されます)

「ミミッキュ」は、ミニカードファイルの叫びピカチュウ / イーブイの購入特典。そして「イーブイ」「モクロー」「コダック」は、11 月 2 日よりポケモンセンター・ポケモンストアで拡張パック・強化拡張パック・ハイクラスパックを 2 パック買うと、3 種の中から好きなカードを 1 枚プレゼントしてもらえます。

また、全てのカードは無くなり次第終了となりますので、早めのチェックが必要です!

【展覧会には約100点のムンク作品が集まります】

ちなみに今展覧会には、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点が集結。ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心にした、大回顧展となるようです。

『叫び』のほかにも晩年までに描かれた名作が多数そろっているので、芸術の秋にちなんで、出かけてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリース、「ムンク展―共鳴する魂の叫び」公式サイト
ポケモンコラボ商品画像のみ=© 2018 Pokémon. © 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

おすすめの記事